イタリア語の動詞を学習したいあなた。難しくて投げ出しそうになっていませんか?不規則動詞はどうしても一つづつ覚えるしかないのですが、規則動詞に関してはその名の通り、規則があるので、当てはめるだけで簡単に活用をすることができるんです。

【イタリア語の基本中の基本!まずはここから!】 イタリア語の中で最も基本的であり、基礎的、そして重要な二つの動詞です。 現在形において "essere" は英語で言うところの "be"、"avere" は "have" に当たり、様々な用途で使用されます。 この二つの単語なくしてイタリア語は構成できません!


さて今回の文法の学習ですが、自分自身のことについてもう少し言えるようになりましょう。自分自身のことを言う際、イタリア語では 再帰動詞 という形を覚える必要があります。. 動詞6(11問) 動詞7(11問) 動詞8(22問) 増加! 動詞9(22問) 動詞まとめ(動詞1~9)(121問) 形容詞・状態を示す1(22問) 形容詞・状態を示す2(22問) 副詞1(22問) 再帰動詞(11問) イタリア語文法用語・品詞. -are動詞 動詞の不定詞の語尾が-areで終わるもの。この-are動詞がイタリア語で最も多い種類です。迷ったら-are動詞の活用で言ってみるといいかもしれません。 イタリア語の文法用語についてまとめています。動詞の時制や品詞などの文法用語をイタリア語と日本語で、掲載しています。イタリア語による授業が難しい場合の理解アップに役立てられます。 文に関する用語表; 叙法の用語表
イタリア語の動詞の活用は不定詞(原形 infinito)の語尾によって3種類に分けられます。 1. イタリア語で楽しむ 日本昔ばなし (mp-3形式cd付) 改訂版口が覚えるイタリア語 スピーキング体得トレーニング やさしいイタリア語で読む 星の王子さま 再帰動詞という言葉だけ聞くとなんだか難しそうな感じがしますよね? イタリア語を勉強する上で、動詞の活用形をみて挫けてしまう人も多いと思いますが、少し乗り越えたら、essereやavere など大切な動詞は不規則なので特別難しいという事を、思い出してみてください。