ごま油の原料であるごまには、活性酵素を消す作用を持つ「リグナン」という抗酸化物質が含まれています。 活性酵素とは、私たちの身体の中の細胞に含まれている脂質(油分)を酸化させて、老化や病気を引き起こしてしまう危険性を持つ物質です。 「活性酸素」という言葉はもうご存知でしょうか?私たちの体にとって強い毒素となるものです。もちろんこれらを防ぐ対策も必要となるわけです。今回は、「ごま」には抗酸化作用があり細胞の老化を防ぎ体を健康に若返らせる成分が充満しているその理由について 料理に欠かせない調理用の油ですが、毎日使うものだからと、大容量のものを買ってしまったりしますよね。 そこで気になるのは、油の酸化です。 油は、いったいどれくらいの保存期間があるのでしょうか。 また、1度使用した油は、どのくらいまで使えるのでしょうか。 日々、油について調べていると「これは何だろう?」と思うことにぶつかります。 その1つが「太白ごま油」。今はどういったものか知っているのですが(笑)昔は「なになに?太白って一体何ー!?」と興味津々。 あなたは知っていますか ごま油の健康効果や効能を調査しました!ごま油にはたくさんの成分が含まれていますが、そのほとんどに抗酸化作用があります。そのため他の油に比べて格段に酸化しにくい。ごま油を摂取すれば、その強い抗酸化力を発揮してくれます。 中華料理を作るときに欠かせない材料のごま油。ごま油を炒め物や揚げ物だけでなく風味付けに最後に1滴垂らすだけでも、そのお料理の旨味成分が増すので多くのご家庭で常備しているのではないでしょうか。 そして、ごま油は料理に美味しいだけでなく健康や美容にも良いとされています。

る。油の臭については,小 幡1)および太田2)のすぐれた 総説がある。 ここでは,油 脂の臭成分について,お もに最近の文献 を中心にして,特 性臭,油 脂の酸化および分解により生 成する臭成分および臭成分の分離と同定法について述べ る。 2 特 性 臭 ごま油は、油脂全体の中でも酸化しにくく、特に高温加熱に強い油です。 焼き上がりが油っぽくなりにくく、冷めてもふわふわ、しっとり感が持続します。