cutコマンドは、データから必要な項目だけを抜き出して表示するときに使用する。 ## オプション -b :必要な項目をバイト数で指定するオプション -d :区切り文字を指定するオプション -f :必要な項目数で指定するオプション teeコマンド 標準出力をモニタとファイルへ出力する -- 文法 -- tee (オプション) (ファイル) 例) tee -a test.txt 標準出力をモニタとファイルへ出力する ※ はスペースを表してま pasteコマンド ファイルを行ごとに結合する -- 文法 -- paste (オプション) ファイル1 ファイル2 例) paste file1.txt file2.txt ファイルを行ごとに結合する ※ はスペ このページでは、Linuxコマンドを総まとめしている。それぞれ、基本の使い方だけではなく、オプションやそれを練習するためのスクリプトもすべて用意している。Linuxのスキルアップのために参考にし … オプション-b, --number-nonblank 空白でない行に番号を付ける。初めの行を1行目とする。 -e `-vE' と同じ。 -n, --number すべての行に番号を付ける。初めの行を 1行目とする。 -s, --squeeze-blank 連続した空白行を、1つの空白行にまとめる。 -t `-vT' と同じ。 -u 何もしない。

Linux:cutコマンドでデリミタ(区切り文字)のない行を非表示にする方法 cutコマンドでデリミタ(区切り文字)のない行を非表示にする方法 cutコマンドでデリミタ(区切り文字)のない行を非表示にするには-sオプションを指定します。