(*2) なお、内部監査での仕訳テスト(ca at)の実施は、コチラ. 波蘭商店は商品券500円を発行し、代金は現金で受け取った。 [正答率89.9%]

2 経理担当者に理解してほしい点. 簿記には“仕訳のルール”というものがあり、この共通のルールに従って伝票に記録することになっています。したがって、勘定科目と同様にこちらのルールも暗記する必要があります。

経理を始めるための基礎知識を解説します。すべての経理の基本となるのが「簿記」であり、その要となるのが「仕訳」です。これは経理の仕事において、デジタル化が進んだ現在でも変わりません。まず手始めに、経理作業の必須項目「仕訳」の基礎をマスターしましょう。

仕訳テストは経理処理された仕訳に異常を示すような兆候がないか確かめるための手続です。 どうやって異常と判断するのかは会社によって違いますが、違和感や不自然さがある次にあげるようなケースだと検証を進めていくことになっています。

皆さん、こんにちは。 今回は、caats(※1)と仕訳テストについて、考察をしていきたいと思います。 仕訳テストは、経営者による内部統制の無効化に関係したリスク対応手続として、会計監査で実施することが求められています(監査基準委員会報告240、以下、監基報240)。

仕訳テストは、監査現場では、以下の①または②の意味で用いられています。

日商簿記3級の仕訳問題を、豊富な問題群からランダム出題する装置です。.