gimpにて、レイヤー自体の選択範囲を作成する方法についてメモ。例えば、「星形の図形」が描かれているレイヤーがあったとして、そのレイヤーの「星形の図形」の選択範囲を作成する方法についてです。1つのレイヤーを選択する方法「レイヤー」ダイアログ

gimpを使ってイラストを描いたり、写真を合成したりしていると、ついついレイヤーが増えすぎてしまいますよね。順番を入れ替えるときなどは、1枚1枚動かすのが億劫ですが、複数のレイヤーを一気に動かす方法を知らない人が多いのではないでしょうか? 本記事では、フリーの画像加工ソフト「gimp」で複数のレイヤーの選択・複数選択する方法を解説します。 gimpにて、複数のレイヤーを、 拡大・縮小 回転 移動させる方法についてメモ。レイヤーを連結させる結論から書くと、編集したいレイヤーを「レイヤーの連結」()することで、複数のレイヤーを一括で「拡大・縮小」したり、「回転」させたりする 選択している範囲を新しいレイヤーにする項目です。 部分ごとに効果を与えたり、加工、編集する場合に使います。 選択領域をレイヤーにする方法はカット(切り取り)とコピーの二つがあります。 選択領域をレイヤーにする手順 レイヤは、といった操作を行うことができます。なお、レイヤに対するそれらの操作の多くは、レイヤーダイアログで行います。上図のようにレイヤーダイアログは、初期設定ではドック内の上段に表示されます。レイヤーダイアログには様々な項目が並んでいます。では、それらの項目についてもう詳しく見てみましょう。 【gimpの使い方】gimpで画像をコピーした時などに出来てしまう「フローティング選択範囲」の解除をして通常のレイヤーに変換する方法をご紹介します。簡単な操作で解除できますので、操作を覚えておきましょう。 gimp 2.8系からはレイヤグループの機能が搭載されました。レイヤグループは、複数のレイヤをまとめて操作するための仕組みです。前の記事で説明した、レイヤ連動ボタンによる連動と似た機能です。 選択領域をレイヤーにする. 移動対象をレイヤーに変更 切り替えると、レイヤーを動かすことが出来るようになります! アクティブレイヤーを移動 「アクティブレイヤーを移動」に切り替えると、レイヤーダイアログで「選択されているレイヤー」が移動するようになります。 別のレイヤーを選択しても、レイヤーダイアログでアクティブになっているレイヤーが動きます。 ご参考下さい^o^)/