WordPressでは、 以下のように記事作成時に空白行を2行空けても 記事として見た時は改行は1行分になってしまいます。 ↓記事作成画面 ※テキストエディタ ↓記事プレビュー画面 WordPress(ワードプレス)のブロックエディタでよく使うブロックの1つ、「段落」ブロックの使い方を紹介します。段落ブロックでは単に文章を挿入するだけでなく、文字の装飾やリンクの挿入、背景色や文字色の変更などができます。段落ブロック内で改行する方法も紹介しています。 WordPress固定ページの使い方とウィジェットの表示方法

自動整形についての検証、次は「消えるスペース(空白)」についてです。記事を書いていると文のはじめに1文字スペースを入れたくなりますが、WordPressでコレをすると自動整形で消されてしまいます。また文中にスペースを入れると消えたり消えなか そこでもっと簡単な方法は無いか? 調べてみると、ありました解決策が! 早速それを説明しましょう。 まずはWordPressの管理画面を開きます。 ①左側のメニューにある設定をクリック

2018.09.26 2018.09.28 ブログお役立ちツール. 古い記事は、サイト訪問者に. 2.2.1 1)改行なしで、文章を入力し続けた場合; 2.2.2 2)Enterキーで改行した場合; 2.2.3 3)Shiftをキー押しながらEnterキーで改行した場合 スペース(空白)が消えないようにする超簡単な解決策. 目次. 2.1 記事本文編集方法:見出しの設定; 2.2 記事本文編集方法:改行設定. 固定ページ編集エリア.

【WordPress】固定ページと投稿ページの違いとは? WordPressには大きく分けて.

1 【WordPress】固定ページの作成方法; 2 【WordPress】固定ページの保存と公開方法. 投稿した順番にトップページに記事が表示され . WordPressのビジュアルエディタで投稿を編集するときに行の先頭に空白を入力することもありますが、気がつくと、その空白が消えていることがあります。その原因と対策を紹介します。 投稿に入力した先頭の空白が消える たとえば、次のような投稿を入力します。 投稿記事が増えていくにつれて. WordPress(ワードプレス)の「固定ページ」を作成する方法を初心者向けに解説した記事です。投稿と固定ページの違いもわかるように紹介。固定ページを作成したあとの管理方法もこの記事だけで理解できるようになっています。 この空白ボックス内で、文章を書いたり、リンクを貼ったり、画像へリンクしたりして、サイトに表示したい情報を入力できます。 ... WordPress の古いバージョンでは、これは「ページスラッグ」と呼ばれていました。

WordPress nineteen seventeenを使っています。 ページ上部の部分にnineteen seventeenのデフォルトイメージを出さないようにしてもまだ、以下リンクする写真のように大きな空きができてしまいます。

作成した固定ページには「親」となる固定ページを設定して階層化することができます。例えば「会社情報」という固定ページを「親」ページを作成し、その「親」に対する「子」ページとして「組織図」や「社長あいさつ」のような固定ページを作成することができます。ここでは固定ページの階層化の方法について解説します。 WordPressで記事を書いている時に 思った通りに改行できないことや 改行が反映されないことはありませんか?. 今日は、いい天気だなあ。 からあげを揚げて沢山食べるか。 美味しそうだなあ。 ヨダレが垂れそう。 自動整形されて改行段落空白が反映されない状態. 固定ページ; 投稿ページ; という、2種類の記事ページが存在します。 投稿ページというのは… 通常のテンプレートであれば. WordPress(ワードプレス)で【固定ページにテンプレートを適用する方法】を初心者向けに解説した記事です。WordPressのテーマによっては、固定ページを簡単にカスタマイズすることができます。また、ウィジェットも使うことが可能です。 WordPressの投稿や固定ページの本文中に、画像を挿入する方法を紹介します。編集画面には、画像を挿入するためのボタン(メディアを追加)が用意されています。メディアを追加ボタンをクリックして、画像ファイルをアップロードします。アップロードした画像は、メディアライブラリで保管されます。 WordPress不具合の例 入力した正常な文章. WordPress初心者の方を対象に固定ページの使い方について説明していきます。固定ページ機能の概要、固定ページの親子関係、ビジュアルエディタとテキストエディタの違いや画像の載せ方、見出しの付け方、改行など基本機能について一通り説明していきます。 作成した固定ページには「親」となる固定ページを設定して階層化することができます。例えば「会社情報」という固定ページを「親」ページを作成し、その「親」に対する「子」ページとして「組織図」や「社長あいさつ」のような固定ページを作成することができます。