それとも、本人が努力できない(しない)のが悪いのだろうか? 仮にどちらかが悪いとして、彼がこの会社を辞め、環境が変われば、彼は活き活きと働けるようになるのだろうか? 若干の疑問が残る。 もしかしたら、彼は他の会社に行ったとしても、同じような状況を引き起こすかもしれない 「世の中って、基本的に9割ぐらいの人は、社会人になって努力しない」という言葉が、妙に僕の心に残っています。確かに、大部分の人は努力をしていません。だからこそ、少しでも努力をすることで、有利な人生が生きられるわけです。 とまあそんなこんなで色々ありまして現在は社会人3年目、今は平凡な会社員です。そして今になって思うのが、 新卒で就活しておいて本当に良かった。 ということです。 仮に就職をしていなかった場合の僕の未来を想像すると恐ろしいです。大企業で働き、会社を辞め、思い悩み、転職を2 努力をしているかというのは、上司からの評価にも繋がる事ですが、それ

海外留学経験をもつ登壇者4名が、留学を通じて学んだ視点やキャリアの積み方などについて、学生や20代のビジネスパーソン向けに語ったトークセッション。登壇者4名が参加者から寄せられた質問に回答し、後悔しない20代を過ごすためのコツを語りました。 ただし、闇雲な努力は方向を間違えるとただの時間の無駄になります。努力の方向性を確かめる指針として、あるいは失敗から教訓を得るための受け皿として効率良くやるにはなんらかの勉強的な行為(フワッとした表現)が必要なわけですね。 要は楽に生きるための必要経費ってことですね� 仕事やプライベート、自分の人生において向上心がない人っていますよね。現状に満足することも大切ですが、向上心を持つことでより人生が楽しくなるはず。そこで今回は、向上心がない人の心理や特徴だけでなく、向上心を持つ人の特徴と比較して詳しく解説していきます。 強迫観念として「努力嫌いだけど努力しないとヤバイ」となってる。そういう人には「努力の意味が分からないんだから努力しなくていいじゃん別に。そもそも努力しなきゃ生きてけないほうが間違ってるんだから、努力しないで済む方法を模索し続けた方がよっぽど健全」という事が言える。 結果が出ていなくても上司に努力をしている事が伝わればそれほど評価は下がらないですし、期待もされ続けます。 しかし、それでも 成功する為の努力は影で行う事が大切 です。 努力はアピールする為の行為ではない.