関連記事 離婚したら税金が増える?シングルマザーなら知っておくべき減免制度をもご紹介 . シングルマザーの生活面をバックアップする仕組みのひとつに税法上「寡婦控除」がありますが、離婚か未婚かでこの控除が適用されるか否かが相違します。しかし、徐々に改正される動きがでてきるのも事実。最近の寡婦控除事情はこうなっています! シングルマザーの税金などの負担を軽くするため、寡婦控除、みなし寡婦控除は、利用すべき制度のひとつです。 シングルマザーが収入を増やすには、 正社員として働くのが一番の近道 です。 ただ、シングルというだけで、書類選考や面接で落とされるのも事実…。 それは、「就職・転職の� 「母子家庭が住民税の非課税世帯になる年収っていくらなの?」と悩んでいませんか?この記事では、「年収がいくらまでなら住民税の非課税世帯になるか」と「住民税の計算方法」について分かりやすく解説しています。 所得の低い母子家庭(シングルマザー)の方は所得税が免除または減免される「寡婦控除」、簡単にいうと「母子家庭の場合、本来払う税金を少なくしますよ!」という制度があります。そこで今回は所得税の「免除される年収の調べ方」や「いくら減免されるのか? ライフスタイル 離婚したらどうなる?と不安なあなたへ 2019年6月1日 シンママStyle編集部. 【2019.8.29更新】未婚シングルマザーに厳しい?税金の差が出る控除額。未婚でシングルマザーになった方は、離婚・死別でシングルマザーになった方と同じように支援が受けられない制度があるんです。 シングルマザーだと、所得税や住民税の控除は死活問題ですよね。 シングルになるまで「控除」の意味すらよくわかってなかった私ですが、離婚後は生活のために急速に勉強! 自分が受けられる権利を自分で知っとかなければ、役所の方から丁寧に手を差し伸べて