こういった場合は、低学年からの家庭学習を+アルファすることで解消するしかないな、と。 公立小でも1年生の小テストや確認テストはまだ100点連発レベル。. つまり、簡単です。 しか~し、学年が上がると100点は当然!、という世界ではなくなってくるのを実感中です・・・。 長男の中学校の定期テストは、平均点が60点程度なので、ちょっと油断すると50点台なんですよ。「小学校では、そんな点数を見たことがなかったのに・・・」って、何人かで嘆いていました。(私も参加。苦笑) 小学校で80点は、中学校の60点。 小学生の学力を図る物差しはカラーのテストを中心に考えられている保護者の方が多いかもしれませんが、あのテストは平均点がかなり高く作られています。 それに対して中学の定期テストは平均点が60点前後になるように先生は難易度を設定されています。 そのため、カラーテストは平均点が85点になるように作られています。学期末のまとめのテストですら、平均点は80点以上が想定された作りになっています。つまり、100点を取る子がたくさんいるテストなのです。そのテストで80点を取ってしまったら・・・。