他のどんな部分のセキュリティを強化しても、ロック画面から操作・閲覧されてしまっては、何の役にも立ちませんからね。 なので今日は、iPhoneを買ったら真っ先に設定すべき「ロック画面でできる操作」を制限する方法をお話しします。

iPhoneの「ロック画面を右スワイプでウィジェット表示」を無効化して非表示にする方法です。iOS 10からロック画面がけっこう変わっています。右にスワイプするとウィジェット、左にスワイプするとカメラが起動する、というのがiOS 10のロッ

ロック画面を見るとカメラアイコンは消えて、サイドキーからもカメラクイック起動は出来なくなります。 カメラの意図せぬ起動や誤動作を防止したい方はこのように設定し直してみてください。 ロック画面を左側にスワイプするとカメラを表示します。素早く撮影する際の機能のようです。 Apple社の新型モデル「iPhoneXS(XR、XsMAX)」や「iPadPro」を対象にリリース中の最新バージョン「iOS12.1」を利用している際に「ロック画面にて標準アプリ『カメラ』が自動的に起動するのを無効化できない!」などの設定の方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生しているようです

iPhoneやiPadのロック画面を右スワイプしたり、ロック中に表示した通知センターを右スワイプしたりすると、ウィジェットが縦に並んだ「今日」の画面(ウィジェット画面)が表示されます。本記事では、iPhoneのロック画面からウィジェットを消して非表示化する方法を解説。

iOS 5.1から標準搭載されたロック画面に常に表示されているカメラアイコン。カメラを頻繁に使わない方にとっては非常に邪魔!そこで非表示にしちゃおう!というのが『NoCameraGrabber』です。NoCameraGrabberをインスト 私たちにとってなくてはならないiPhone。 そんなiPhoneには、個人情報を保護したり誤作動を防止するために「ロック」という機能が搭載されています。 画面の「ロック」は「スリープ」とも呼ばれ、画面操作が無効となるためバッテリー消費を抑えることも可能です。 iPhoneのロック画面には意外と機能があります。つまりロックを解除しなくてもある程度iPhoneを利用する事が出来ます。 カメラ.