1 冷却水とは? 2 冷却水の異常を確認する方法. 水冷バイクの場合、ラジエターやホース類、エンジン付近からの冷却水、クーラント漏れが考えられます。 クーラント漏れの量が多い場合は走行中にオーバーヒートの原因にもなります、中、長距離の走行は避けた方が良いでしょう。 バイクオーバーヒートの原因 冷却水の不良を画像を入れながらわかりやすく解説しています。バイク整備をしてみたいけど分からないという方には最適なサイトです。 短期間の使用であれば水道水の補充で問題なし今や空冷のクルマは絶滅したといってよく、一般的な乗り物でもバイクのごく一部に残っているぐらい。そうなると、エンジンは水で冷やしているわけで、これの管理は重要なポイント。ただ、最近はスーパーロングライ… クーラント液は、バイクのエンジンなどを冷やす重要な役割があります。故障や破損が原因でクーラント液が漏れてしまうと、エンジンがオーバーヒートを引き起こす可能性があります。ここでは、バイクのクーラントの液漏れの原因や修理について、確認しておきましょう。 まず、冷却装置には「空気で冷やす空冷」と「水で冷やす水冷」があります。 関連 空冷&水冷エンジンの違いと、冷却水路やラジエターについて解説. 冷却水(クーラント)漏れ. 冷却装置の仕組み. 冷却水の漏れ止め剤が各社から出ていますが、これなら安全確実でお奨めですというのがあれば教えていただけませんか?#2です。確かに漏れ止め剤がエンジンやラジエターに悪い影響があると言う話はあります。しかし私の場合は大丈夫でし 冷却水の不足・漏れがあった場合、オーバーヒート>やエンジン故障に繋がる恐れがあります。走行に危険を感じたら迷わずに jaf(日本自動車連盟)などのロードサービスに相談をしましょう。 目次. バイクには空冷を採用している車種も結構ありますが、自動車は主に水冷になります。 冷却水が漏れ出したのはメカニカルシールの破損が主な原因でしたが, 例えバイクの部品でなくとも,20年も30年もゴムを水の中に浸けておけばどうなるかを想像すれば, メカニカルシールが破損して水漏れするのも無理はないということが分かるでしょう. ということで、皆様冷却水は大丈夫でしょうか?ダダ漏れだったら、メカニカルシール交換・・・少量であれば、水冷エンジンの「仕様」なので、気にしない(ただし、水を適宜補充)・・・ってことで。 水冷エンジンの要といえば、冷却水・空冷、油冷エンジンの次に主流となったエンジンが水冷エンジンですが、こちらラジエターをエンジン前方に位置させ、走行風により冷却水の温度を下げながらエンジン内部に冷却水を巡らせてエンジン自体の熱を吸収していく感じです。 バイクのクーラント液が減ってくるというのは特に漏れなどの異常がなくても起きることもあります。 クーラント液の補充はそう難しくもなく、ミスする頻度も多くありません。 クーラント液の補充も … [mixi]CB400SF NC39 冷却水の漏れについて 本日走行中冷却水系統のトラブルに見舞われました。 急ぎの用事で走行中、異臭に気づきエキパイを見ると冷却水がラジエター 付近から滴り、煙が出ていました。 とりあえず近くにあったカー用品店にて停車し、タ バイクのクーラント(冷却水)交換は、自分で作業する事もそれほど難しくありません。ただ、クーラント液の選び方に悩む人も多いのではないでしょうか。ここではバイクのクーラントのおすすめや、色の違い、車用クーラントの使用について解説しています。 車のボンネットを開けてみると、冷却水がない((;゚Д゚)すぐにディラーに持っていくと「冷却水漏れですね。ホースに亀裂が入っています」とんこと。修理費用もかなりの金額になりました・・・。冷却水漏れの修理費用と応急処置についてまとめました。 バイクオーバーヒートの原因 冷却系部品の不良を画像を入れながらわかりやすく解説しています。バイク整備をしてみたいけど分からないという方には最適なサイトです。 本当にラジエターなどから漏れているのでしたら最悪交換すれば良いですが、私のバイクのようにウォーターポンプからエンジン内部に冷却水が入り込むタイプのエンジンも有ります(オイルが冷却水と混じってカフェオーレ見たいに成ります)もちろんこの時もすべて自分で修理しました。 漏れがあるときのリザーバータンクでの冷却水の確認だけで済ますのは危険ですよ。 というのはラジエターや他で漏れていると。 水温上昇での膨張で冷却水はリザーバータンクに押し出されますがエンジンが冷えてきて戻されるときにきっちり戻らないのです。

バイクのエンジンを冷却するために必要な冷却水。これを循環させるには、ウォーターポンプが必須となります。もしウォーターポンプが故障してしまうと、バイクが壊れてしまう可能性もあります。今回は、ウォーターポンプの故障や修理の方法などをご紹介しましょう。